効果はこんなにもたくさん!?目的に工夫して選びたい照明器具について

効果的な照明選び方ってどんなこと?

2018年09月11日 17時30分


住宅や公共の施設、屋外の街灯など、さまざまな場所で用途もさまざまな照明が使用されています。
どのような時に使う照明だとしても、確実に抑えておきたいのが「より効果的に照明を使うための選び方」です。
たとえば、一般的な住宅で取り入れる照明器具について考えてみましょう。
住宅には、10~20種類ほどの照明器具が使われているとされています。
新築の住宅であれば、間取りや設備を考えるときに照明の位置なども事前に決めることができるため、
後から取り付ける照明器具と、埋め込み式で天井や壁に取り付ける器具など、デザインや暮らし方を踏まえながら効果的な計画を立てることができます。
くつろげる空間を演出するための照明
長い時間を過ごすことになる住まい空間では、「くつろぐ」ことを目的とした照明の選び方が大事なポイントになります。
くつろげる場所が特に重要になる間取りといえば、家族が集まるリビングや居間などです。
照明器具の種類でいえば、シーリングライトやダウンライト、さらにはペンダントライトなどがよく使用されますが、
くつろぐことを何よりも重視するのであれば光源は蛍光灯やLEDの「電球色」を選ぶのがおすすめです。
 
全体を明るく照らすための照明
住宅の間取りの中で手元など、「全体を明るく照らす」ために効果的な照明が必要になる場所といえばキッチンです。
作業がしやすくなるように手元を明るく照らすことが大切になるため、光による影がでにくく、虫などが寄りにくいLEDを光源に選ぶのがおすすめです。
そして、キッチンには天井埋め込み式のダウンライトやシーリングライトを選んで全体を照らし、より手元を鮮明に照らすためには、
作業中に簡単に灯りを付けられるセンサー式の照明器具を選択するとより便利です。
 
 

照明器具なら加賀谷電気商会にお任せ下さい!

東京西新宿にあります「加賀谷電気商会」では、業界屈指の商品アイテム数を誇る電気材料の卸業務を営んでおります。
電気に関連した材料として、電球やランプ、そして蛍光灯、LED、ケーブルなど、さまざまな種類や用途に適した電設資材を豊富に揃えています。
一般の住宅で使うような製品はもちろん、オフィスや電気工事事業者や店舗などの施設、さらには舞台用で使うような特殊電材も多く取り揃えておりますので、
他社で手に入らなかった商品なども迅速に手に入れることができます。